2016年01月31日

U-23リオ最終予選決勝日本韓国に3-2逆転勝ち

リオ五輪出場を決めた日本代表の決勝戦は、前五輪のメダルを逃した雪辱戦であり、韓国も又

日本には絶対負けを許さない戦いとなった。


試合開始から、両者の激しい意地を見せ合う展開の中で、前半の20分にFW陳のアシスト

MFクォンが中央から右足グラウンダーで先制点を許し、0-1で前半終了する。


後半、疲れの見えたFWオナイウをMF原川に変えて臨みますが、韓国の勢いは止まらず、

開始直後の2分、李のアシストで今度も中央からFW陳に左足グラウンダーで追加点を許

してしまいます。


これで勝敗が見えたと思われましたが、手倉森監督は、この日本のムードを変えるべく、

15分にMFの大島とFW浅野に変え攻撃力を増強します。


この起用が効を奏し、22分に、MF矢島のアシストでFW浅野がゴール前13mから右足

グランダーを右隅に決め、その直後の23分、山中のアシスト右クロスを、今度はMF矢島

が中央7mからヘディングライナーでゴールにねじ込み、2-2と並びます。


その後韓国FW陳のシュートがありますが、ゴールを阻まれ、勢いの出た日本も、韓国

ゴールに攻め入りますが得点ならずの展開で、33分と34分の韓国のFW2枚換えの流れ

の隙の、36MF中島のアシストを右中央15mからFW浅野が左足グラウンダーで左コー

ナーに得点しました。


その後40分ゴール前のもみ合いで日、韓の感情的場面で、手を出したDF岩波がイエロー

を貰うハプニングがありましたが、その後も攻めの集中さを切らさず、アデショナルの

終了となり、結果は逆転の3-2で優勝しました。


この試合のボールキープは、韓国がややリードする展開でしたが、PK、シュート数では

日本が優れた内容でした。


ただ、後半点を取られてからの韓国は、その展開に焦りと疲れが出て、集中性を欠き、

日本に逆転されたと感じます。


何れにせよ、後半の3点は、徹底して勝ちを意識した素晴らしいチームプレーでした。




posted by 七五郎 at 10:51| AFCサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。