2015年03月06日

バビド・ハリルホジッチ氏が12日サッカー日本代表監督に就任決定

日本サッカー協会の大仁邦弥会長は、先のハビエル・アギーレ(56)前日本代表監督解任で、後任にバビド・ハリルホジッチ氏(62)の就任を要請していましたが、その決定を12日の理事会で承認することとなりました。


ハリルホジッチ氏の監督の照会は、日本協会から先の日本代表監督の、イビチャ・オシム氏にあって、オシム氏はハリルホジッチ氏を候補としてふさわしいと助言していたと言います。


オシム氏は、ハリルホジッチ氏と同郷のボスニア・ヘルツェゴビナ出身で、ハリルホジッチ氏をよく知る人で、彼は監督で、昨年のW杯ブラジル大会で、彼のモットーの「堅守速攻」でドイツと互角の勝負(1-2)をして敗れ8強を逃しましたが、アルジェリアを初の16強に導いた実力の持ち主です。


ハリルホジッチ氏は、1982年のW杯スペイン大会などに旧ユーゴスラビア代表FWとして出場し、指導者としては、フランス1部でリールを率いて1部昇格を果たし、リーグ最優秀監督となり、その後にパリ・サンジェルマンを率いていました。


代表監督としてはコートジボワールを率いた後、11年からアルジェリアの指揮を取っています。


ハリルホジッチ氏の就任で、日本サッカーの更なる上を目指した挑戦が始まります。


その手始めが、327日のチュニジア戦となり、31日のウズベキスタンの国際親善試合で、その後、6月のW杯ロシア大会アジア予選となり、氏の采配が楽しみです。


posted by 七五郎 at 16:49| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

ブラジルW杯日本代表ザンビア戦辛勝するが課題が残る

ブラジルW杯直前の親善試合のザンビア戦が6日行われ、その対戦で、

日本代表は4-3で勝利したが、格下チームに大量3点の失点を許す

試合でした。


日本代表チームは、ザンビアに、前半9分と29分長短のシュートで

先制の2点を取られ、苦戦しますが、40分にはPK、本田が1点を

返し前半を終了します。


後半に大久保を投入して反撃に出る。


日本の攻撃が続き、後半の29分香川の見事な26mの浮き球でゴールし、

同点とし、その30分に、本田が左足グランダーでゴールし3-2で逆転し

安堵しますが、その後44分に、ムソンダの中央から27mロングライナー

シュートで又も同点にとされます。


このまま引き分けと思われた、ロスタイムの46分、交代した大久保が

執念の左足ライナーがゴールして、土壇場の逆転勝ちの展開でした。


この試合で日本代表は勝利はしたものの、その展開で、ザンビアの2本の

ロングシュートでの失点は、日本チームのディフェンスの甘さを示したもので、

本番に向けた調整が必須課題となりました。


又、この試合まで好調の岡崎が、相手GKとへディングで接触して、頭を

5針縫う負傷は、W杯本番に暗雲を残すことになりました。


他方、不調と言われた、本田・香川、そして滑り込み参加の大久保が

ゴールを決めたことは、今後の好材料と期待したいと思います。


何れにせよ、全員が好調でも、W杯初戦のコートジボワール戦の壁は高いと

言え、今回の修正を確りして初戦突破を果たして貰いたいと願います。



posted by 七五郎 at 21:06| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

本田圭佑のサッカー日本代表を引退!!


サッカー日本代表本田圭佑の引退発言が世界を駆けている。





現在イタリアのミランチームに本拠を置く本田圭佑が、今回のW杯大会で

日本代表の引退をほのめかした。



本田は、今回の活躍次第で、次期日本代表はない。と記者団に発言し

話題となっている。



本田のサッカー人生は、常に自分の頂点を求め挑戦し続けた日々であり、

この大会を、自分の集大成として位置付けての発言となった。




移籍後のミランでも自分の思うサッカーが出来ずに、不調と言われる中で、

本大会を、その集大成として開花させるのが目標であり、終着点であろう。



偉大な選手は、常に自分にチャレンジし孤独で孤高であると言われるが、

本田もその一人であろう。



本田圭佑の代表引退は、今ブラジル杯の一点に集中した言葉として受け止めたい。





posted by 七五郎 at 11:20| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

サッカーFWエース本田圭佑左足の不調

去る27日埼玉スタジオで行われたブラジルW杯の強化試合の

キプロス戦で、FW本田の最大の武器である左足の精度が、

試合中の再三のチャンスにその威力を見せることなく、

そのキックの精度に不安を生じている。


ミラン在籍のイタリアリーグでも、今一つ本田の活躍が聞かれず、

レギュラーから外れることが多かっただけに、気になるところだ。


この日本のエースFWの不調が、ブラジルW杯のサッカー日本代表

チームに暗雲を覆っている。

posted by 七五郎 at 09:45| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

宮市 剛は兄(宮市 亮)よりイケメン! 2012サニックス杯ユースサッカー

W杯ブラジルを目指す熱きSUMURAI−BLUE 
サッカー日本代表の活躍を応援しましょう。

岡崎出身で最年少の期待の星日本代表FW


バンクーバー五輪の日本代表が“G-SHOCK代表”に−SHOCK THE WORLD 2012...
... これを記念して、8月9日(米国時間)に米国ニューヨークで、30周年記念イベント「SHOCK THE WORLD 2012」が開催された。
 
今年からアンバサダーとなった一人が、バンクーバーオリンピックでスノーボード・ハーフ
パイプ日本代表選手に選ばれ...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、Yahoo!ニュースに帰属します。)



posted by 七五郎 at 16:28| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

【ニュース速報】W杯アジア3次予選-日本VSウズベキスタン 0-1で日本敗北






日本が3-0で快勝!W杯出場に向けて最高のスタート!ハイライト動画配...
6月3日(日)19時30分より埼玉スタジアムで行われた『2014年FIFAワールドカップブラジル・アジア地区最終予選 日本代表×オマーン』(テレビ朝日)。つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、テレビドガッチに帰属します。)



posted by 七五郎 at 19:14| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。