2016年01月23日

U-23日本 強敵イラン撃破でベスト4へ

22日行われた、リオ五輪最終予選U-23アジア選手権の準々決勝の日本対イラン戦は、

共に五輪への出場を賭けた、緊張感の在る厳しい戦いでした。


日本に対するイランのチェックは速く、又敵陣営では、3~4人と厳しく、多くがボールを

奪われる展開で、そこからの前線への反撃も早く、日本はその防御で、ゴールの上部ポール

に救われる幸運も2度あるなど、危ない場面も何度かありましたが、よく凌ぎ、失点を免れ

ました。


しかし日本は、イラン陣営に阻まれ、ゴールを脅かすことができず、イラン優勢の攻防で

推移して、遂に前、後半が0-0のまま、延長戦に入ります。


延長戦に入りますと、イランの体制が攻撃を意識した縦長となり、守備に隙間が生じます。


延長前半6分、ドリブルで右サイドから攻め込んだDF室屋が、後半43分途中出場のMF豊川

雄太に、ゴール前左のDF裏の突っ込みに合わせたクロスボールをアシストし、豊川は見事

これをヘッドで合わせてゴール左に差し込み、遂に先制点を取りました。


そして、同後半の4分に、今度はMF中島翔哉がペナルティーエリアの左外からのスーパー

シュートで右ネットを揺らし、続く5分ゴール左前からのドリブルシュートをゴール右端に

けり込み、連続2点得点を上げ、計3点とします。


イランも反撃に出ますが、日本は集中して守り幸運も呼び込んでこの試合に勝ち、準決勝に

勝ち上がりました。


次の1戦に勝てば、悲願のリオ行きが決まります。



posted by 七五郎 at 19:12| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

AFC U-23第2戦 日本対タイ戦に圧勝

16日、現地時間16:30分日本対タイ戦がキックオフしました。


このタイ戦では、手倉森監督は、第1戦の対北朝鮮戦は、堅さの在る押され気味の展開で、

キックオフ後5分の得点を守り抜いた厳しい試合を修正すべく、アタッカーを中心に第1戦の

先発メンバーを、FW久保、MF豊川、矢島、原川、DF亀川、奈良、の6名に入れ換えて臨み

ました。


このタイ戦は、第1戦の反省を踏まえ大胆なメンバー交代としましたが、見事この期待に、

鈴木、久保、矢島が応えた戦いでした。


前半27FW鈴木武蔵が、MF遠藤航からの裏の縦パスに走り込み、頭で前に浮かせ、その落ち

球を右足でゴールし、前半をリードして後半に入ります 。


後半は、後半4分にMFの矢島慎也が、後半30分と39分に連続して、FW久保裕也が得点します。

日本は、強豪タイに4-0で完勝しました。


日本はこれで2連勝となりましたので、1次リーグB組の2位以上を確定し、19日のサウジアラ

ビアとの対戦成績を待たずに、準々決勝進出を決めました。




posted by 七五郎 at 11:48| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

サムライブルー・ハリルJAPANアジア予選アフガニスタン戦に完勝

2018FIFAワールドカップロシア アジア地区予選の日本の第3戦は対アフガニ
スタンとの戦いで、イランの首都テヘランでれましハリル監督は、アフガニスタンは、
カンボジアよりも強い相手で、熱狂的サポーターのアウェーで勝つためには、相手を
圧倒する強い気持ちが必要で、当然内容より勝つことが先決と語っています。

アウェーの、特にアフガニスタンの熱狂サポーターブブゼラの騒音の中での試合は、
コート内の声が聞こえず、互いの連携に難を生じます。

又、レフィリ―の判断も問題が多くあります。

試合は、10満州用と言われるアザディスタジアムで行われましたが、サポーターの
混乱を避けるため入場制限が引かれ、厳重な警備の下に、3万程度の入場数で開始
されました。

日本のスターティングメンバー攻撃陣は、トップに岡崎、右に本田、左に原口、そして
センターバックに香川を入れて臨みます。

アフガニスタンは、センターラインより少し距離を置く低め布陣となり、日本は、概ね
敵エリアでの優位な攻撃となります。

そして10分、原口が左ミドルからドリブルで敵陣に切込み、センター左に陣取る香川に
パスを渡し、香川はデフェンスを交わしゴール左隅に鮮やかなミドルシュートを決め
先行します。

更に35分、左ゴールラインのこぼれ球を本田のアシストでゴール左に走り込んだ
森重が合わせてゴール2点目を取ります。

後半に入り早くも5分、敵ペナルティー前左に切り込んだ本田からのパスを、左から
上がったサポート香川が受け、左足でゴール右ネットを揺らし3点目とします。

そして12分、香川の縦パスを山口が右からシュート構えから、センターに上がった
岡崎にパスして難なく4点目とします。

更に15分、本田のシュートがデフェンスに当ったこぼれ球を、センター左ペナルティ
ーエリアの岡崎がスライディングで合わせて左にゴールし、5点目とします。

尚その28分、後半に交代した左FWの宇佐美が、左奥に攻め込み、そこからの
横パスをゴール右に上がった本田がキーパーと接触しながらもスライディングで
6点目をこじ入れます。

この試合の前評判が高かったアフガニスタンを、サムライブルー・ハリルJAPANが、
見事6-0の大差で圧勝した試合でした。

ただ、アフガニスタンは、先のシンガポートやカンボジアの徹底した守りを固めた
スタイルから、ややその中間守備の布陣で、パス回しも楽な試合でしたので、本来の
サムライブルー・ハリルJAPANの本当の実力はまだ分かりません。

次は全勝の強敵シリアですが、この試合に勝ち、アジア2次予選の決勝に進んで
欲しいと思います。


膵臓・胆のう・胆管の病気の最新治療 [ 主婦の友社 ] - 楽天ブックス



posted by 七五郎 at 11:32| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

SAMURAI BLUE(日本代表) FIFA2018W杯アジア2次カンボジア戦

SAMURAI BLUE(日本代表) は、ロシアW杯に向けた国際大会で低調な結果が続付く中で、

大会予選の初戦の格下シンガポールに、まさかのドローとなり、ヴァイッド・ハリル

ホジッチ監督は、3日第2戦のカンボジアと戦を、岡崎、本田らの攻撃陣に、「得点を取る」

ことを指令した、注目の試合です。


試合はカンボジアのキックオフで開始後、最初からカンボジアは、DF5人入れての

守備固めの、SAMURAI BLUE日本はこれを破る展開となります。


SAMURAI BLUEは、左右から一方的に攻めますが、カンボジアのゴール前に人数を固める

必死のガードを崩すことができずに試合が推移します。


この展開でのSAMURAI BLUEのシュートは10本を超えるなかで、香川、酒井、本田など

右サイドからの攻撃で、28分漸く、本田の左足ミドルシュートが決まります。


これを機として、更なる得点を狙いますが得点できず前半を1-0で終えます。


後半に入ってもこの流れは変わらず、攻め、シュートを打ちますが、なかなか決まらぬ

中で5分、ゴール前混戦の中からセンター左に出た球を、フォローに上がった吉田が、

枠左に見事な直線ミドルシュートでゴールし、2点目を挙げます。


そして、16分、ゴール前のこぼれ球を香川が右から得点し、これが最後のゴールとなり、

SAMURAI BLUE3-0でカンボジアに勝利しました。


しかし、この試合からのSAMURAI BLUEは、カンボジアの全員が分厚く守るゴール前の攻略に、

前試合のシンガポール同様に苦戦し、20本以上のシュートチャンスに僅か3得点の結果であり、

キッカーの得点を焦る為に早めの入りで、アシストボールとのタイミングが外れることも

多々あり、又、山口のプレスのない3本のミドルシュートも、全てが大きく枠を外すなど、

最低ランクのカンボジアの戦にも、多くの課題が残した試合でした。


次からは、アウェーの試合となりますが、更に質を上げた試合運びが必要となりましょう。




posted by 七五郎 at 11:05| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

香川信司の復活にドルトムントトゥヘル新監督

日本代表MFの香川信司の昨年ドルトムントでの成績は、28試合出場で僅かの5得点で、

不完全燃焼に終わった年でした。


香川は、サムライブルーの日本代表でも、繋ぎの強さや巧みさはめられますが、シュート

への執念の強さは見られず、シュート力の弱い日本の一因になっています。


前マインツ時代に、今季ドルトムントに就任のトゥヘル新監督は、日本代表FWの岡崎慎司を

呼び出し、どういう試合をして欲しいかを個別に指導して、岡崎を1トップに起用して33試合

15得点の成果を挙げさせた監督です。


トゥヘル新監督は、クロック前監督のゲーゲン・プレッシング(素早いプレス)から、同監督の

柔軟な戦術のその手腕で、香川の可能性を引き出して呉れるのではと期待されるのです。


昨今の試合で香川のドイツメディアの評価は、香川のことを、日本人選手は、序盤がスロー

スターターで何度もチャンスがありながら、ターンを繰り返して、その機会を逃しているし、

又、素早く前方にボールを通さないと、調子の上がらない香川に不評です。


この様な評価で、複数のメディアでは、最高採点の1から最低の6の中で、香川は、チーム

最低の4と厳しい評価でした。


これらの状況から、トゥヘル新監督のもとで、香川が攻撃力の要に変れるか、注目しましょう。




posted by 七五郎 at 00:00| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

ハリルジャパン香川の驚異的パス回数

ハリルジャパンの親善試合JALキリンチャレンジカップ2015は、チュニジア戦に続き、3/31日にウズベキスタン戦が向えます。


そして愈々6月には、2018FIFAロシアW2次予選が予定されていています。


さて、28日のチュニジア戦をハリルジャパンが、2-0で勝利したことに対して、スポーツ報知から興味あるデータが出ています。

それは、今回ハリル監督が指導する日本代表のパスで、ハリルは、同じ相手にパスを返すな」、「サイドを変えるな」としていて、その指示の中で日本代表がチュニジア戦で成功させたパスの数とその受けてのデータです。

分析データによりますと、この試合の90分間で成功させたパスの総数は430回で、最高がMF長谷部66回、続いてDF槙野の41回、吉田の39回、酒井の34回ですが、後半15分から出場のMF香川はその30分で29回と言う驚異的回数となっていました。

DF同士のパス回数が多くなるのは普通のことですが、今回、長谷部と槙野の26回、長谷部と吉田とは22回で、トップ下MF香川と右のFW本田はこの30分間で13回と、圧倒的なパス回数となっています。

後半に攻めの展開にリズムができ、得点に結びついたことは、トップ下を自分の最適ポジションとする香川にボールが集まり、香川、本田の連携で勝機を齎した結果で、このデータは、その証明となったとしていますし、ハリル監督の采配が的中したと言えます。



posted by 七五郎 at 15:22| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

サッカー・新生日本代表ハリル監督初戦を白星発進

ハリル新監督は、新生日本代表に、アジアカップ以外の長い、武藤、藤春などの俊足の選手を

起用して、その初戦を僅か4日の練習で、強豪チュニジアとの親善試合に臨みました。


従来の日本代表は、パス回しから勝機を伺い切り込む試合展開でしたが、ハリル新監督は、

「球際の攻め」と「縦を突く速攻」「ワンタッチパス」を重点に掲げて、面から縦の試合を軸とした試合

運びを指示しています。


新監督27日の初戦先発メンバーは、アジアカップの主力メンバーとはガラリと変わり、ワン

トップに川又、トップ下に清武、その他、GK権田、FW永井、武藤、MF長谷部、山口、DF吉田、

槙野、藤春、酒井を指名しました。


チュニジアとの試合は19:37分に開始され、このメンバーの試合展開が注目されましたが、

前半を通じて、攻めの意識だけが空回りし全体の動きに円滑さを欠き、ボールの保持率はチュニジアが

若干リードする展開でした。


その中で、日本チームは、川又のヘッドシュートがネットのトップバーに当ってこと、そして、

右でパスを受けた武藤のゴール前シュートが相手に阻まれたことが、得点とはなりませんでしたが惜し

まれるプレーで、前半を0-0で折り返します。


後半に入った14分に、トップ下の清武を香川に、右FWの永井を本田にメンバーを変えて、

チームの動きが繋がり始めます。


20分のCKからの吉田のシュート、21分の川又のこぼれ球右からのシュートなど、得点にはなり

ませんが、攻めの形が出来上がってきました。

26分には更に、武藤を宇佐美に、川又を岡崎に、38分には今野を打田にメンバーを変えて、

挑みます。


この間33分に、左からのクロスを岡崎がヘッドでゴール、37分には、左からの香川のGK前を

クロスしたボールを右から走り込んだ本田がゴールと、リズムが出てきて2得点を挙げ、後半を

終了しました。


ハリル新監督の初戦は、前半多少のもたつきはありましたが、後半は6分で日本チームが主導権を

取る攻めの展開が見られ、次のウズベキスタン戦に弾みをかける試合になったと思われます。




posted by 七五郎 at 09:58| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。