2016年04月04日

錦織圭マイアミ・オープンテニス準優勝

錦織圭の優勝を賭けた、ATPマスターズ1000、マイアミ・オープン2016の優勝戦は、大会16連勝、

本マイアミ大会5連覇の偉業を持つ絶対王者、N・ジョコビッチとの対戦です。


錦織圭とN・ジョコビッチとの対戦成績は、直近ではN・ジョコビッチに5連敗と一方的な戦績ですが、

錦織圭との、この大会の優勝への思いはその言葉から一番強いと言えます。


試合は日本時間、34日午前2:10より、N・ジョコビッチのサーブで開始されました。

その第1G N・ジョコビッチの1poinを先行しますが、その後レシーブからラリーの流れを制して、

錦織圭がいきなりこのGをブレークし、先の期待が膨らみましたが、第2G、錦織のサービスゲームで、

1stが入らず、またDF、アタックミスなど連発して、簡単に1point先取のみでブレーク・バックされ

並ばれます。


その後、6Gをブレークされ、7Gでブレーク・バックしますが、8Gをブレークされその展開で縺れる

ことなく、第1S63で先行されます。


2S は、錦織のサーブで開始されますが、この第1G1stが入らず、DF、レシーブミスを連発して、

簡単にブレークされます。


その後は、互いに事後のサービスゲームをキープしましたが、第7Gから左足を痛め、メディカルタイム

を取るなどがあり、錦織のサーブの第9Gは、デュースから最後の1球の攻防となりましたが、

1stサーブ、DF、ミスショットを連発して、ジョコビッチにブレークされて、錦織は、このS36

敗れSC 02のストレートでこの大会を終幕しました。


錦織とN・ジョコビッチとの1stサーブの確率は、だい1S6073、第2S5365と、何れのSet

10%以上の差が出たことと、ラリー戦でのミスショットが20を超えたことにあります。


しかし、今回も小柄の錦織が、権威あるATPマスターズ1000のマイアミ大会の準優勝を勝ち得たことは

称賛の終焉でした。




posted by 七五郎 at 10:25| ATP1000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。