2016年02月11日

サッカーU-23日本対韓国に逆転優勝

211アジア最終予選2016の日本対韓国の宿敵の決勝戦が14:03分にキックオフしました。

試合のフォーメーションは、日本の1-2-2-4-1の攻撃型に対し、韓国は1-4-4-1の守備型での

展開となりました。


前半の日本は、積極的な攻撃を見せますが、韓国のプレスで阻まれ、カウンターを受ける展開

となり、5分にゴールされますがオフサイドとなりましたが、その20MFクォン・チャンフン

に裏を突かれたボレーシュートで、日本DF岩波の左ひざでコースが逸れて不運にも右隅にゴー

ルされ、早くも先制点を許します。


前半は韓国優勢の攻勢を受けたまま終了し、後半を迎えます。


後半に入りその2分に、これも右サイドからのミドルクロスを、韓国FWチン・ソングクがワン

トラップで合わせて、反転し左足シュートが左中央のネットを揺らし、0-2となります。その

後の韓国の攻勢は更に強くなり、3.12.18.24.43分と日本ゴールを攻め立てますが、日本は

これを堪えて、その14分に、手倉森監督は巻き返しを期してFW浅野を投入します。


この策が功となり、その22分に、MF矢島から前線のFW浅野に縦パスが渡り、それを浅野が右足

で流してゴールし1点差とし、そして、その直後の26分、今度は左DF中山のクロスをゴール前に

飛び込んだMF矢島がHDを決めて2-2と追いつきました。


ここから日本の攻勢が強まり、その36分、再度のMF矢島から縦パスを、前線のFW浅野が相手

DFを体で凌ぎ、振返りざまに左シュートし右ゴールネットを揺らしました。


この勝ち越し点を、その後も攻撃の手を緩めず守り抜き、遂に宿敵韓国に3-2で勝利し、見事

劣勢を振り切り、雪辱の優勝を果たしまいた。





posted by 七五郎 at 20:20| AFCサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。