2016年01月27日

U-23日本代表イラク戦に2-1で決勝へ

U-23日本代表のリオ五輪出場を賭け、勝てば五輪出場が決まる“絶対に負けられない戦いの

イラク戦"が愈々開始されます。


相手は、この世代最強と呼び声高い“イラク代表"です。


準々決勝で強豪イランを相手に延長戦となり、豊川、中島のゴールで、この激闘を制した日本は、

この準決勝の1勝でリオ五輪出場が決まります。


準決勝の相手は、リオ五輪世代で、速さ、高さ、強さを兼ね備えた、“アジア最強"との呼び声

高いイラクで、その強力な攻撃陣を日本は如何に止められるかが、カギとなります。


開始から双方の動きの速い攻防となりますが、イラクに圧され気味の日本は、その26分、味方の

パスを受けたFW鈴木武蔵が一瞬のすきを突き、右サイドをドリブルでゴールラインまで駆け上がり、

ゴール前に賭け上がるFW久保裕也に横パスを送り、それを久保が右足で合わせ、1得点を見事先行し

ました。


しかしその後のイラクの攻めは厳しく、再三ゴールを脅かし、43分、CKからのボールのゴール前

攻め合いから、GK櫛引政敏が2度はパンチで防ぎますが、3度目に決められて、前半を1-1で終了しました。


後半も、イラクの攻勢は強く日本のCKは通算4に対し、イラクは10と圧倒し、日本陣営を脅かし

ますが、日本のDFGKが良く守り切ります。


そして後半のアディショナルタイムの終了寸前の49分に、右で上がったFW南野拓実のゴー前クロス

ボールからの混戦で、イラクGKの前方にはじいたこぼれ球をその混戦左後方にいたMF原川力がシュ

ートしゴールネットを揺らします。


その後試合終了し、日本はイラクを2-1で下す劇的な勝利で、遂に、リオの切符を手に入れました。


後は、優勝あるのみです。

posted by 七五郎 at 10:06| AFCサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。