2016年01月26日

錦織圭 全豪オープン2016 王者ジョコビッチと準々決勝戦

錦織第7シードは4回戦を勝ち上がり、今日第lシードのノバク・ジョコビッチと対戦します。


錦織とジョコビッチの対戦成績は、25敗ですが、直近の対戦は4連敗中で、戦績では不利な

現状にあります。


錦織の有利な点と言えば、今大会の試合総時間が8時間38分で、ジョコビッチのそれとは、

2時間短い程度で、これが今回の試合に影響するとは考えられませんが、どんな試合が展開され

るか興味津々です。


26日、日本時間17:30分、錦織の4強進出への試合がジョコビッチのサービスで開始されました。


1Sは、5Gまで共にサービスGをキープしましたが、第6Gで、錦織のダブルフォルト(DF)と、

連続のミスショットで崩れ、ジョコビッチにブレークされて、6-3で落とします。


2Sに入っても、ジョコビッチの優勢は続き、第2Gと第5ゲームをブレークされ、このSとも

6-2で落としてしまいました。


2Sを連取された錦織は、第3Sに反撃に出て、第2GをジョコビッチのDFを突いて初めて

ブレークします。


がしかし、ジョコビッチは第3Gでフレークバックし、更に、5G7Gとブレークして、このS

リードし、そのまま逃げ切って、6-4のストレートで、錦織を今大会も破り、これで錦織に

5連続勝利としました。


内容は、この試合のサービスGの確率が、ジョコビッチの60%より低く、何時もの50%となった

ことや、それに加えて、錦織のこの日のアンフォードエラーが20本に及んだことです。


勿論、ジョコビッチのリターンが良かったことも含まれますが、ラリーを得意とする錦織には

従来では見られないミスの多さでした。


又、ジョコビッチの左右に鋭角なショットと重い深さの在るショット、そして、サーブの精度、

配球は、錦織を上回る技術がありました。


とは言え、錦織も今大会もベスト8を勝ち取り、トップランクの選手を不動にした戦いでした。




posted by 七五郎 at 20:56| 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。