2016年01月23日

U-23日本 強敵イラン撃破でベスト4へ

22日行われた、リオ五輪最終予選U-23アジア選手権の準々決勝の日本対イラン戦は、

共に五輪への出場を賭けた、緊張感の在る厳しい戦いでした。


日本に対するイランのチェックは速く、又敵陣営では、3~4人と厳しく、多くがボールを

奪われる展開で、そこからの前線への反撃も早く、日本はその防御で、ゴールの上部ポール

に救われる幸運も2度あるなど、危ない場面も何度かありましたが、よく凌ぎ、失点を免れ

ました。


しかし日本は、イラン陣営に阻まれ、ゴールを脅かすことができず、イラン優勢の攻防で

推移して、遂に前、後半が0-0のまま、延長戦に入ります。


延長戦に入りますと、イランの体制が攻撃を意識した縦長となり、守備に隙間が生じます。


延長前半6分、ドリブルで右サイドから攻め込んだDF室屋が、後半43分途中出場のMF豊川

雄太に、ゴール前左のDF裏の突っ込みに合わせたクロスボールをアシストし、豊川は見事

これをヘッドで合わせてゴール左に差し込み、遂に先制点を取りました。


そして、同後半の4分に、今度はMF中島翔哉がペナルティーエリアの左外からのスーパー

シュートで右ネットを揺らし、続く5分ゴール左前からのドリブルシュートをゴール右端に

けり込み、連続2点得点を上げ、計3点とします。


イランも反撃に出ますが、日本は集中して守り幸運も呼び込んでこの試合に勝ち、準決勝に

勝ち上がりました。


次の1戦に勝てば、悲願のリオ行きが決まります。



posted by 七五郎 at 19:12| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。