2016年01月22日

錦織圭3回戦ガルシアロペス(スペイン)に勝つ

錦織圭、テニス全豪オープンの3回戦の相手は、ガルシアロペス(16)に決まりました。


ガルシアロペスは過去トップ10にも張っている選手で、この対戦は過去2勝ですが、

前試合と同様、ランク下位の選手と言っても、そのランクは参考程度で、その一戦が勝負と

なります。


1S(セット)が開始され序盤は互いに、サービスゲームをキープした好試合でしたが、

錦織は第7Gを落とし先行されます。


錦織はラリー戦に優位となるゲームが多い中で、ロペスもラリー戦を得意としますので

互いに長い互角の打ち合いとなり、サービスが入らない錦織は、先手を取れず苦戦します。


しかし、第10Gをブレークバックして、ロペスのサーブの精度が落ちた第11Gのセット

ゲームを制して、7-5で勝ちました。46分にも及ぶ死闘でした。


2Sは、錦織のサーブで開始され、第1Gは錦織のアドバンテージとなりますが、

1STサーブが不調で、ウイニングショットのミスも重なり、ロペスに追い上げられて、

1Gをブレークされ、更に、その後第5Gもブレークされて、このSを、2-6で落と

します。


3Sは、後半からサーブが決まり始め、又リターンも良くなり、第7Gをブレークして、

そのまま、6-3で勝ち、SC(セットカウント)2-1と先行しました。


勝負の第4Sは、1STサーブの精度が回復し、ストロークミスも少なくなり、ロペスとの

打ち合いも先行し、ネットも取れて、3Gをブレークして、そのまま、6-4で勝ち、この

3回戦に勝利しました。


錦織のこの試合の1STサーブの確率は、第1S 55%、第2S 66%、第3S 40%、第4S 84%


実に、2時間11分の攻防でした。




posted by 七五郎 at 16:19| 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。