2015年11月21日

名横綱北の湖(きたのうみ)日本相撲協会理事長62歳が20日死去

大相撲元横綱の北の湖親方の突然の訃報に、恐らく日本中が驚かれた事でしょう。


北の湖こと本名、小畑敏満さんのは、今年の7月に、腎臓に尿がたまる症状が診断され、

一時休養し、8月に復帰し、福岡国際センターで行われる九州場所の職務に

復帰して、前日19日の白鵬と日馬富士戦の取組解説が最後の解説となりました。


氏の死亡は福岡市内の病院でしたが、その死因は、直腸癌による多臓器不全と言うことです。


氏は74年の名古屋場所後に、21歳の最年少で横綱に昇進し、優勝24回は歴代5位、

63場所最長記録、歴代1位の670勝、幕内804勝は歴代4位と、名横綱として輝か

しい功績を残しました。


85年に横綱引退後はその功績で、横綱のしこ名の「北の湖部屋」を創設して、

弟子の育成に専念、2002年に理事長に就任。


その後、08年に弟子の大麻が発覚し、この相撲界の大麻問題で責任を取って辞任し、

相撲界の浄化に努めます。


その後12年に復帰して理事長となり、大相撲の観客動員拡大と、弟子の育成に努め

ていました。


氏、小畑敏満さんは、北海道の壮瞥(そうべつ)町生まれて、中学1年の1966年の

冬に上京し、当時は認められていた中学生力士として三保ケ関部屋に入門し、両国中学校

に通いながら、67年初場所初土俵を踏みました。


その後の北の湖関は、71年夏場所で十両昇進。72年初場所で幕内に昇進する

など、当時の最年少記録を次々と塗り替え、そして、74年に横綱となります。


この昇進の異例の早さは、北の湖の強さを如実に表すもので、昭和の大横綱としての

相撲界の重鎮の死は、相撲歴史に残る輝きとなりましょう。


惜しまれる)62歳でした。御冥福をお祈りします。




posted by 七五郎 at 20:59| 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。