2014年11月14日

羽生結弦衝突事故でもチャンピオンとしての誇り

羽生結弦が賭けた、フィギュアスケートグランプリー第三戦の中国上海大会の8日に、

よもやの惨事が生じました。


羽生結弦は、男子フリー出場で、その直前の男子最終滑走の公式練習を行いましたが、

その折に、中国のエン・カンと羽生が、共に後ろ向きから前を向いた瞬間に衝突したのです。


何れもそのスピードに乗っていたため、その衝撃を受けて、共に失神状態となり、この衝撃で、

羽生の額が、エン・カンのあごに激突、羽生はその反動で氷上に顎を強打、失神をする事故と

なったものです。


このため羽生は、額と顎からひどい出血の状態でフラフ・ラになりながら、その場を退場しました。


誰の目にも、出場はできず棄権すると思われていましたが、その後少し経って、頭には肌色の

テープを巻き、顎の裂傷部には大きな絆創膏が貼られた姿で、再び公式練習リンクに現れたのです。

驚きました。


滑走の足はふらついているようで危なげであり、売り物のジャンプもできる状態ではない様子です。


それでも、羽生はリンクに立ちました。

これは、前大会を腰痛で欠場し、今回に挑戦する「世界チャンピオンの誇りと責任感」が感じられました。


羽生の演技は、練習を重ねてきた4回転ジャンプに、そして三回転ルッツも転倒をし、合計5回の

転倒でしたが、それにも屈せずに耐えて、最後まで滑り切った強靭な精神の姿に、観衆は惜しみない

拍手を送りました。


それでも、気迫の回転と滑りの結果は、奇跡の「銀」でした。


この試合に、コーチ陣は棄権を進めたと言いますが、羽生結弦選手は、譲らず強行したと言います。

試合を終えた羽生は、全てをやり尽くした自分に、号泣しました。





posted by 七五郎 at 17:01| 世界フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。