2016年04月04日

錦織圭マイアミ・オープンテニス準優勝

錦織圭の優勝を賭けた、ATPマスターズ1000、マイアミ・オープン2016の優勝戦は、大会16連勝、

本マイアミ大会5連覇の偉業を持つ絶対王者、N・ジョコビッチとの対戦です。


錦織圭とN・ジョコビッチとの対戦成績は、直近ではN・ジョコビッチに5連敗と一方的な戦績ですが、

錦織圭との、この大会の優勝への思いはその言葉から一番強いと言えます。


試合は日本時間、34日午前2:10より、N・ジョコビッチのサーブで開始されました。

その第1G N・ジョコビッチの1poinを先行しますが、その後レシーブからラリーの流れを制して、

錦織圭がいきなりこのGをブレークし、先の期待が膨らみましたが、第2G、錦織のサービスゲームで、

1stが入らず、またDF、アタックミスなど連発して、簡単に1point先取のみでブレーク・バックされ

並ばれます。


その後、6Gをブレークされ、7Gでブレーク・バックしますが、8Gをブレークされその展開で縺れる

ことなく、第1S63で先行されます。


2S は、錦織のサーブで開始されますが、この第1G1stが入らず、DF、レシーブミスを連発して、

簡単にブレークされます。


その後は、互いに事後のサービスゲームをキープしましたが、第7Gから左足を痛め、メディカルタイム

を取るなどがあり、錦織のサーブの第9Gは、デュースから最後の1球の攻防となりましたが、

1stサーブ、DF、ミスショットを連発して、ジョコビッチにブレークされて、錦織は、このS36

敗れSC 02のストレートでこの大会を終幕しました。


錦織とN・ジョコビッチとの1stサーブの確率は、だい1S6073、第2S5365と、何れのSet

10%以上の差が出たことと、ラリー戦でのミスショットが20を超えたことにあります。


しかし、今回も小柄の錦織が、権威あるATPマスターズ1000のマイアミ大会の準優勝を勝ち得たことは

称賛の終焉でした。




posted by 七五郎 at 10:25| ATP1000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

錦織圭マイアミオープン2016遂に決勝へ

錦織圭(6)のマイアミオープン第6戦目は、24シード、オーストラリアのニック・キリオス(Nick Kyrgios、)との準決勝となりました。


ニック・キリオスは20歳の新星で、この大会のシード選手を打破して、ベスト4に勝つ進んだ強烈なサーブの強敵です。


1S(set)は、キリオスのサーブで開始され、キリオスの高速サーブが錦織を苦しめます。がその第3GでキリオスのDFで錦織はブレークを先取してそのまま第9Gキリオス、サーブのマッチゲームを迎えます。

キリオスはこのマッチポイントでもしやのDFを出して、錦織のブレークとなり、第1S63で幸先良く先行します。


2Sの第2Gに又もキリオスのマッチポイントのDFで、錦織はこのGをフレークします。しかしその裏3Gで、錦織の1stサーブが入らず、またDFのミスで簡単にブレークバックを許し同点となり、キリオスは1stでフリーポインを上げ、錦織は1stが入らない展開で持ち堪えながら、第9Gキリオス、サーブのマッチゲームとなります。


この第9GはキリオスのサービスGで、最初の1stサーブが決まり、霧オスが先行し、フアィナルとなるかと思われましたが、その好調のキリオスのサーブに、突如ミスを連発し、錦織はそのセカンドを攻めてラリーとネットプレーの攻防で得点し、ブレークチャンスを掴みます。

その最後のキリオスのサーブが、又も第1S同様のDFとなり、錦織はこのGをブレークして、75で勝ち、1時間24分の劇的な勝利を収めて決勝進出を果たしました。


この試合のキリオスの1stサーブの確率70%後半に対し、錦織のそれは56%で、如何に苦しい戦いであったか、そして、ミスの少ない試合であったかが分かります。


次は、王者ジョコビッチに勝ち、優勝するのみです。




posted by 七五郎 at 11:10| ATP1000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

錦織圭4強に2時間29分越えの逆転進出

錦織圭(6)のマイアミオープン第5戦目は、G(ガエル)・モンフィス(16)の準々決勝です。


錦織圭のサービスから開始されましたが、この第1Gで早くもモンフィスにブレークされます。

そして漸く第4Gでブレークバックしますが、第5Gで錦織はDFをし、そのながれでモンフィスは

このGをブレークし、第1Sは、46でモンフィスに先行されます。


2Sに入り、その第4Gで錦織が先にブレークに成功します。

その後最終ゲームまで互いのGをキープして進み、錦織最終の9Gを競り勝ち、だい2S63

取り、並びます。


3Sに入っても、錦織の1stサーブの確率が低いままで互角の死闘は続きますが、第4Gで錦織がブレークに成功し、このままでと思われましたが、この第8Gで錦織の2ndサーブを狙われブレークバックを許してしまいます。


そして、第10G錦織のサービスゲームでDFから攻められ、040となる大ピンチを、その5回のマッチポイントに耐えて、このGをキープしました。


錦織はその第12Gでも1stが入らず劣性で、又もモンフィスにアドバンテージを与える大ピンチを迎えますが、3度のネットプレーでこれを凌ぎ、遂にフアィナルへと進みます。


フアィナルの先攻はモンフィスでしたが、モンフィスの2ndからのラリーで錦織がオープンコートにダウザラインを決めて先行します。

その後モンフィスの1stの入りも悪く、尚DFもあり、錦織がラリーでもポイントを重ね7-3で競り勝ち、SC 2-1で辛勝しました。


この試合の錦織の1stのフリーポイントは僅かに3本で、モンフィスのそれは14本でありこの試合のサーブの劣勢が分かります。

しかし、錦織は最後まで耐え続けその集中力で、この試合をもぎ取った素晴らしい戦いでした。


錦織は、昨年の全米オープン(US Open Tennis Championships 2014)ファイナリストの誇りを胸に、次は決勝進出を懸けて、第12シードのミロス・ラオニッチ(Milos Raonic、カナダ)と、第24シードのニック・キリオス(Nick Kyrgios、オーストラリア)の勝者と対戦します。




posted by 七五郎 at 11:06| ATP1000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。