2016年02月25日

大儀見優季が澤穂希の背番号10を継承

大儀見優季(28)は、25日のリオ五輪に向けた「なでしこジャパン」の最終予選登録メンバーの

選考で、昨年現役引退のレジェント澤穂希(37)の背番号10を受け継ぐ事の発表を決定しました。


「なでしこジャパン」の最終予選登録メンバーは、代表候補の25名からターンオーバー制で

総勢20名を選考するため、複数のポジションをこなせる「都合のいい女」を重要な選考基準と

しています。

尚、内3人がGKの規定があり、フィールドメンバーは17名となります。


29日から開幕のアジア最終予選を勝ち抜き、リオの優勝に向け、日本の女子サッカーFW大儀見

優季は、「ロス澤」の代表メンバーのエースとして、その大きく重い期待を背負うことになります。


関係者は、佐々木則夫監督(57)1月の沖縄石垣市の合宿で、澤と共にW11年のドイツ大会優勝、

12年のロンドン五輪準優勝を経験の大儀見に、その旨を打診して、その指名を受託したと言います。


大儀見優季はこの代表チームで、澤の83得点を継ぐ55得点をマークし、第2位の成績を上げていて、

なでしこジャパンに欠かせない存在となっています。


大儀見優季は、澤選手の「澤魂」を引き継ぎチームを引っ張る自信は十分あり、平常心で勝利に

導くことが大切とその覚悟を話しています。




posted by 七五郎 at 10:12| なでしこジャパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

サッカーU-23日本対韓国に逆転優勝

211アジア最終予選2016の日本対韓国の宿敵の決勝戦が14:03分にキックオフしました。

試合のフォーメーションは、日本の1-2-2-4-1の攻撃型に対し、韓国は1-4-4-1の守備型での

展開となりました。


前半の日本は、積極的な攻撃を見せますが、韓国のプレスで阻まれ、カウンターを受ける展開

となり、5分にゴールされますがオフサイドとなりましたが、その20MFクォン・チャンフン

に裏を突かれたボレーシュートで、日本DF岩波の左ひざでコースが逸れて不運にも右隅にゴー

ルされ、早くも先制点を許します。


前半は韓国優勢の攻勢を受けたまま終了し、後半を迎えます。


後半に入りその2分に、これも右サイドからのミドルクロスを、韓国FWチン・ソングクがワン

トラップで合わせて、反転し左足シュートが左中央のネットを揺らし、0-2となります。その

後の韓国の攻勢は更に強くなり、3.12.18.24.43分と日本ゴールを攻め立てますが、日本は

これを堪えて、その14分に、手倉森監督は巻き返しを期してFW浅野を投入します。


この策が功となり、その22分に、MF矢島から前線のFW浅野に縦パスが渡り、それを浅野が右足

で流してゴールし1点差とし、そして、その直後の26分、今度は左DF中山のクロスをゴール前に

飛び込んだMF矢島がHDを決めて2-2と追いつきました。


ここから日本の攻勢が強まり、その36分、再度のMF矢島から縦パスを、前線のFW浅野が相手

DFを体で凌ぎ、振返りざまに左シュートし右ゴールネットを揺らしました。


この勝ち越し点を、その後も攻撃の手を緩めず守り抜き、遂に宿敵韓国に3-2で勝利し、見事

劣勢を振り切り、雪辱の優勝を果たしまいた。




続きを読む
posted by 七五郎 at 20:20| AFCサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

福士加代子リオを五輪確定か35回大阪国際女子マラソン優勝

31日、福士加代子が満を持して参加の35回大阪国際女子マラソンで、遂に初優勝を果た

しました。


日本女子陸上長距離ランナーとして君臨の福士 加代子は、2004年からのオリンピックを、

アテネ、北京、ロンドンの3連続出場し、2007年よりマロ損に転向し、20105月末の時点

で、3000m5000mの日本記録及びハーフマラソンおよび10km15kmのアジア記録、

2013年世界陸上モスクワ大会で3位となりますが、この大阪大会は、2008年は19位、2013

2(ガメラシュミルコのドーピング繰り上げ優勝)20148位で、今回が4度目の挑戦でした。


今レースは、序盤から1km320秒台のハイペースの展開で、ペースメーカーも24kで倒れ

こむほどで、24kmから竹中、チェピエゴを振り落とし、独走状態に入ります。


その後30kmを過ぎると流石に疲れを見せ気力の走りとなりましたが、最後まで1km330秒台

で踏ん張り、2位の堀江美里に6分以上の大差をつけて、見事2時間2217(歴代7)で優勝しました。


前大会は2時間2421秒でしたから、この大会に賭けた大きな進化が見られる走りでした。


これで、「リオ五輪設定記録」の2時間2230を切ったことで、リオ五輪は、ほぼ当確に

なったと言えます。


持ち前の福士加代子の笑顔がはじけていました。


【まるごとランク商品館】




posted by 七五郎 at 11:10| 国際女子マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。