2016年01月20日

サッカーアジア選手権2016 U-23日本対サウジを破り8強入り

日本代表は、1次リーグ2連勝で首位通過を決めましたが、手倉森監督は、今回の先発メンバーは、

前タイ戦で右股関節に炎症を起したFW鈴木家武蔵と左膝を打撲のDF室屋成を休養させ、代わりに

出番のなかった、DF松原健とMF井手口陽介の共に19歳の最年少を出場させて、最後のサウジアラ

ビアに勝ち、全勝で決勝リーグへ向います。


サウジアラビアは、前回準優勝チームでその意地を見せる試合となります。


19日、日本時間22:25キックオフとなり、最初から両チームの意地を掛けたテンポの速いそして

互いにプレスの強い攻防の展開となりました。


その展開の前半31分ミドル中央右でパスを受けたMF大島僚太が見事なロングミドルをゴール

左にシューとして先制点を奪い、前半は終了します。


そして後半8分南野がゴール前にドリブルで攻め込み4人にマークされる中で、ゴール前左に

上がった最年少のMF井手口陽介にパスを通して、それを井手口がゴール右隅にけり込み2点目を

上げます。


しかしその後のサウジが反撃し、12分ペナルティーアリア内混戦で、日本に不運なペナルティ

ーキックを取られ、マドウに1点を返されます。


その後も互角譲らずの攻防となりますが、共にゴールを取れず後半を終了し、日本は2-1で勝利し、

1リーグを3勝無敗のトップで決勝リーグに向かいます。


決勝リーグ準々決勝の相手は、イランとなります。




posted by 七五郎 at 13:52| AFCサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

錦織圭全豪オープン快調エアK炸裂

錦織圭全豪オープン初戦に快勝。


全豪オープンの本戦に、錦織圭をはじめ、男子は、錦織圭(8)、ダニエル太郎(97位)、

本大会初出場の、西岡良仁(116位)、杉田祐一(122位)、伊藤竜馬(123位)と、女子は、

日比野菜緒(WTA58位)、土居美咲(65位)、奈良くるみ(84位)、大坂なおみ(145位)の

最近徐々にランクを上げて活躍の9選手が参加です。


さて、男子シングルス第7シードの錦織圭(ATPランキング7位)は、難敵、自己最高16位の

フィリップ・コールシュライバー(ドイツ、同34位)と1回戦で対戦します。

昨年の全米では、1回戦で不覚を取っている選手で、先ずはこの初戦に勝つことを目指します。


コールシュライバーは、ツアー優勝6回、大きな武器はないが、弱点の少ない堅実派で、

錦織も「彼のうまさは知っている。タフな1回戦になる」、相手のプレーは十分、頭に入って

いる」と語ってその自信のほどがうかがえます。


試合は錦織圭の状態が良く、懸念された苦手相手に接戦と成らず、危なげない鋭い

ラリー戦からの、第7GのチャンスでスーパーショットのエアKも飛び出すなど楽し

んでいるような好調さで、何時ものサービスの不調も好調で推移し、ドロップショット

も決まり、終わってみると、第1G6-4、第2G6-3、第3G6-3と、セットカウン

3-0のストレートで完勝しました。


この調子を維持してこの全豪大会に優勝して欲しいと願います。



posted by 七五郎 at 17:06| ATPワールドツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AFC U-23第2戦 日本対タイ戦に圧勝

16日、現地時間16:30分日本対タイ戦がキックオフしました。


このタイ戦では、手倉森監督は、第1戦の対北朝鮮戦は、堅さの在る押され気味の展開で、

キックオフ後5分の得点を守り抜いた厳しい試合を修正すべく、アタッカーを中心に第1戦の

先発メンバーを、FW久保、MF豊川、矢島、原川、DF亀川、奈良、の6名に入れ換えて臨み

ました。


このタイ戦は、第1戦の反省を踏まえ大胆なメンバー交代としましたが、見事この期待に、

鈴木、久保、矢島が応えた戦いでした。


前半27FW鈴木武蔵が、MF遠藤航からの裏の縦パスに走り込み、頭で前に浮かせ、その落ち

球を右足でゴールし、前半をリードして後半に入ります 。


後半は、後半4分にMFの矢島慎也が、後半30分と39分に連続して、FW久保裕也が得点します。

日本は、強豪タイに4-0で完勝しました。


日本はこれで2連勝となりましたので、1次リーグB組の2位以上を確定し、19日のサウジアラ

ビアとの対戦成績を待たずに、準々決勝進出を決めました。




posted by 七五郎 at 11:48| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

AFC U-23日本 宿敵北朝鮮の初戦に勝利

U-23日本のリオデジャネイル五輪出場権を賭けたグループステージ第1戦は、

カタールのドーハで13日開幕、日本時間22:30にキックオフとなりました。


この予選は、アジア16ヶ国の16チームを、4グループ各4ヶ国に分け、総当たり戦で争われ、

各グループ上位2チームの計8チームがノックアウトステージ(決勝トーナメント)に進出し、

その最終上位3チームがリオデジャネイル五輪出場権を獲得すると言う厳しい戦いで、初戦の

北朝鮮は負けられない重要な戦いです。


日本チームは、キャプテンのMF遠藤航、先発起用にヨーロッパからの南野拓実、FW久保裕也、

その他にMF大島僚太、MF中島翔哉の主力を揃えて戦いに挑みます。


U-23日本代表を率いる手倉森監督は、試合前に最初の20分が勝利を握ると檄を飛ばしてい

ましたが、日本は試合開始後即右CKを掴み、開始5分、中山亮輔のキックボールをゴール前

ファーサイドでフリーとなった植田直通が右足で合わせ、ネット左隅に先制点を蹴り込みます。


その後、北朝鮮の攻撃圧力が高まり、縦での早い攻撃で、日本の裏をくぐり何度かゴールを

脅かされましたが、GKの櫛引政敏が凌ぎ、運も味方して前半を無失点で凌ぎます。


後半に入っても北朝鮮の圧力は強く、日本は引いた後手の展開が続き、GKと一丸となった

体制で、北朝鮮の猛攻を防ぎます。


日本はこの中、79分セットプレーからのチャンで、ペナルティーアリアの左のFK岩波が飛び

込みゴールとしましたが、これはオフサイドとなり、得点となりませんでした。


後半に、日本はこの流れを変えるため、中盤にMF南野拓実に変えて矢島慎也に、FW久保裕也

に変えて豊川雄太を投入しましたが、スコアは動かず試合終了となりました。


結果、前半5分の先制点を守りきり、宿敵北朝鮮に勝利し、過去の雪辱を果たしました。


次戦は16日、新興国タイとの対戦となりますが、グループステージ突破には、この1戦は勝た

なくてはならない重要な戦いとなります。




posted by 七五郎 at 16:01| AFCサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭祐連続アシストで伊メディアで高評価

ヨーロッパミラン所属の本田圭祐は、ミラン所属後は、イタリア(伊)メディアからあまり良い

評価を受けていませんでしたが、ここに来て、伊メディアは、本田圭祐を評価し始めているようだ。


去る現地時間9日に行われた、セリエA第19節ローマ対ミランに本田が出場しミランが1点

ビハインドで迎えた50分に、ファーサイドに走り込んだカルロス・バツカに、本田が右サイドから

左足でふわりと正確なクロスを放ち、バツカがヘディングシュートで得点し、1アシストを収め、

続く13日のカルビ戦で、14分に、本田のバッカに向けたスルーパスに、抜け出したバッカが

相手を交わして見事なラボ−ナシュートで得点をした事で、今季セリエAで連続の2アシスト目を

上げる活躍をし、これが今回高く評価されたのです。


この本田の活躍に対しイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、合格点となる「6,0」の評価を下し、

ミラン戦は前半ローマに攻めこまれて失点を喫し、後半に盛り返した試合での本田についても、

「30分間は見るに耐えなかったが、その後積極性をみせた」と評価しました。


これは、本田の前節のボローニャ戦での酷評を払拭して、ひとまず伊紙からの信頼を取り戻した

と言え、残す課題は90分間でのプレーの継続性にあるとしています。


ミランはカルビ戦に勝ち、準決勝にコマを進めたことで、準決勝は、セリエBのスペツィアとイタリア

3部のアレッサンドリアの勝者と対戦します。


本田圭祐がここにも出場し、得点に絡む活躍をすれば、伊メディアからの本田評価は更に高く

なることでしょう。



posted by 七五郎 at 15:50| 本田圭佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東福岡高校サッカー「トリックFK」優勝に世界が注目

第94回全国高校サッカー選手権の決勝戦が11日に行われて、福岡県代表の東福岡が優勝を

果たした試合で、後半開始直後の48分にFK(フリーキック)のチャンスを得た東福岡の中村建人が、

ペナルティエリアから少し離れたところのFKで、相手國學院久我山のディフェンスの壁の前方に、

その目くらましとなる壁を、味方3人が肩を組んで作り、その味方の壁に目掛けて、そこから数歩

下がったところからFKを蹴り込む形を作りました。


こんなFKの形は前代未聞で、何をするかと思いきや、FKを蹴りの瞬間に、味方の壁がしゃがみこむ

ことで、相手の防御が遅れ、東福岡の中村建人は


見事ゴール左隅にボールを突き刺したのです。


このユニークな戦術に、欧州各国のメディアが驚き、11日には英紙『デイリー・メール』はこれを称して

「トリックFK」と報じ、イタリア紙は『トゥット・スポルト』、


「狂気のFK」と称し、『デイリー・メール』は「ダンシング・ウォール」と称して称賛して特集しています。


『トゥット・スポルト』は東福岡を動画付きで紹介し、「究極のアイデアが日本からやってきた…」とコメント

しています。


この試合は、東福岡は前半に先制点を決め、後半にこのトリックプレーを決めるなどで、國學院久我山を

5-0で破り優勝をおさめ、念願の史上6校目の夏冬二冠を達成しました。


決勝の大舞台で東福岡校が見せた、究極の新種アイデアのFKは、海を渡って世界に届いたのです。


これから世界サッカー界のFK戦術が変わるかもしれませんね。



posted by 七五郎 at 15:41| サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

錦織圭ブリスベン国際2016テニス準々決勝で敗退

錦織圭(世界ランク8)18日から開幕の四大大会と全豪オープンの今年を占う前哨戦が、

世界ランク18位のバーナード・トミック(オーストラリア)と、オーストラリア東海岸の

ブリスデン「ブリスベン国際テニストーナ

メント」で行われました。錦織圭は812:00より、この準々決勝試合を第2シードで出場します。


この大会には、ロジャー・フェデラー、マリン・リッチ、ミロシュ・ラオニッチ、ジル・

シモンら世界の名選手が参加しています。


予定通りの試合開始で、1stSetは、錦織のレシーブGからのスタートです。

サービスのトミックは、19cmからワイドとセンターに切れ鋭いサーブを打ち分けポイント

リードし、錦織は、第8Gをブレークされて1stSet6-3で先行されます。


2setの第3G、錦織のサービスゲームで、トミックにADを先行されますが、6度のディースを

耐えてこのGを守り、次の第4Gのトミックをブレークしました。その後更に6Gをブレークして、

この第2Set目を、1-6で取り、イーブンとします。このSetのトミックは、サービス、ストローク、

共にミスが目立った試合内容でした。


最後の第3Setは、サービスサイドのトミックの精度の高いサーブが戻り、鋭角でワイドセン

ターに決まり、更に、ストローク戦でも鋭い先手攻撃で錦織を揺さぶり追い詰めてゆきます。


しかし、錦織も得意の粘りで勝負を挑みますが、そのショットにミスが多く出て 、トミックは

2G、第4Gをブレーク、錦織は、第3Gをブレークバックしたものの、そのまま押し切られて、

3Set6-3となり、SetCount 2-1で敗退しました。


錦織の今回の敗因は、肝心なポイントゲットで、ストロークミスが多かったこと、更には今回も

また、1stServeの入りが、トミックの半分程度の60%を割る確率と悪く、自分のリズムを作る

ことができなかった事です。


これから直ぐに18日に全豪オープンが開催されますので、何時ものことですが、サーブの精度と

確率を、今年の4大大会と、オリンピックに備えて、1stServeを安定したものに仕上げて欲しい

と思います。



posted by 七五郎 at 15:55| ATPワールドツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。