2016年01月31日

U-23リオ最終予選決勝日本韓国に3-2逆転勝ち

リオ五輪出場を決めた日本代表の決勝戦は、前五輪のメダルを逃した雪辱戦であり、韓国も又

日本には絶対負けを許さない戦いとなった。


試合開始から、両者の激しい意地を見せ合う展開の中で、前半の20分にFW陳のアシスト

MFクォンが中央から右足グラウンダーで先制点を許し、0-1で前半終了する。


後半、疲れの見えたFWオナイウをMF原川に変えて臨みますが、韓国の勢いは止まらず、

開始直後の2分、李のアシストで今度も中央からFW陳に左足グラウンダーで追加点を許

してしまいます。


これで勝敗が見えたと思われましたが、手倉森監督は、この日本のムードを変えるべく、

15分にMFの大島とFW浅野に変え攻撃力を増強します。


この起用が効を奏し、22分に、MF矢島のアシストでFW浅野がゴール前13mから右足

グランダーを右隅に決め、その直後の23分、山中のアシスト右クロスを、今度はMF矢島

が中央7mからヘディングライナーでゴールにねじ込み、2-2と並びます。


その後韓国FW陳のシュートがありますが、ゴールを阻まれ、勢いの出た日本も、韓国

ゴールに攻め入りますが得点ならずの展開で、33分と34分の韓国のFW2枚換えの流れ

の隙の、36MF中島のアシストを右中央15mからFW浅野が左足グラウンダーで左コー

ナーに得点しました。


その後40分ゴール前のもみ合いで日、韓の感情的場面で、手を出したDF岩波がイエロー

を貰うハプニングがありましたが、その後も攻めの集中さを切らさず、アデショナルの

終了となり、結果は逆転の3-2で優勝しました。


この試合のボールキープは、韓国がややリードする展開でしたが、PK、シュート数では

日本が優れた内容でした。


ただ、後半点を取られてからの韓国は、その展開に焦りと疲れが出て、集中性を欠き、

日本に逆転されたと感じます。


何れにせよ、後半の3点は、徹底して勝ちを意識した素晴らしいチームプレーでした。




posted by 七五郎 at 10:51| AFCサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

U-23日本代表イラク戦に2-1で決勝へ

U-23日本代表のリオ五輪出場を賭け、勝てば五輪出場が決まる“絶対に負けられない戦いの

イラク戦"が愈々開始されます。


相手は、この世代最強と呼び声高い“イラク代表"です。


準々決勝で強豪イランを相手に延長戦となり、豊川、中島のゴールで、この激闘を制した日本は、

この準決勝の1勝でリオ五輪出場が決まります。


準決勝の相手は、リオ五輪世代で、速さ、高さ、強さを兼ね備えた、“アジア最強"との呼び声

高いイラクで、その強力な攻撃陣を日本は如何に止められるかが、カギとなります。


開始から双方の動きの速い攻防となりますが、イラクに圧され気味の日本は、その26分、味方の

パスを受けたFW鈴木武蔵が一瞬のすきを突き、右サイドをドリブルでゴールラインまで駆け上がり、

ゴール前に賭け上がるFW久保裕也に横パスを送り、それを久保が右足で合わせ、1得点を見事先行し

ました。


しかしその後のイラクの攻めは厳しく、再三ゴールを脅かし、43分、CKからのボールのゴール前

攻め合いから、GK櫛引政敏が2度はパンチで防ぎますが、3度目に決められて、前半を1-1で終了しました。


後半も、イラクの攻勢は強く日本のCKは通算4に対し、イラクは10と圧倒し、日本陣営を脅かし

ますが、日本のDFGKが良く守り切ります。


そして後半のアディショナルタイムの終了寸前の49分に、右で上がったFW南野拓実のゴー前クロス

ボールからの混戦で、イラクGKの前方にはじいたこぼれ球をその混戦左後方にいたMF原川力がシュ

ートしゴールネットを揺らします。


その後試合終了し、日本はイラクを2-1で下す劇的な勝利で、遂に、リオの切符を手に入れました。


後は、優勝あるのみです。

posted by 七五郎 at 10:06| AFCサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

錦織圭 全豪オープン2016 王者ジョコビッチと準々決勝戦

錦織第7シードは4回戦を勝ち上がり、今日第lシードのノバク・ジョコビッチと対戦します。


錦織とジョコビッチの対戦成績は、25敗ですが、直近の対戦は4連敗中で、戦績では不利な

現状にあります。


錦織の有利な点と言えば、今大会の試合総時間が8時間38分で、ジョコビッチのそれとは、

2時間短い程度で、これが今回の試合に影響するとは考えられませんが、どんな試合が展開され

るか興味津々です。


26日、日本時間17:30分、錦織の4強進出への試合がジョコビッチのサービスで開始されました。


1Sは、5Gまで共にサービスGをキープしましたが、第6Gで、錦織のダブルフォルト(DF)と、

連続のミスショットで崩れ、ジョコビッチにブレークされて、6-3で落とします。


2Sに入っても、ジョコビッチの優勢は続き、第2Gと第5ゲームをブレークされ、このSとも

6-2で落としてしまいました。


2Sを連取された錦織は、第3Sに反撃に出て、第2GをジョコビッチのDFを突いて初めて

ブレークします。


がしかし、ジョコビッチは第3Gでフレークバックし、更に、5G7Gとブレークして、このS

リードし、そのまま逃げ切って、6-4のストレートで、錦織を今大会も破り、これで錦織に

5連続勝利としました。


内容は、この試合のサービスGの確率が、ジョコビッチの60%より低く、何時もの50%となった

ことや、それに加えて、錦織のこの日のアンフォードエラーが20本に及んだことです。


勿論、ジョコビッチのリターンが良かったことも含まれますが、ラリーを得意とする錦織には

従来では見られないミスの多さでした。


又、ジョコビッチの左右に鋭角なショットと重い深さの在るショット、そして、サーブの精度、

配球は、錦織を上回る技術がありました。


とは言え、錦織も今大会もベスト8を勝ち取り、トップランクの選手を不動にした戦いでした。




posted by 七五郎 at 20:56| 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

錦織圭 全豪オープン第4回戦はツォンガ(フランス)を下し8強へ

錦織圭の全豪オープン第4回戦の相手は、昨年全仏で準決勝に進出の強豪の、

ジョーウィルフリード・ツォンガとの対戦です。


ジョーウィルフリード・ツォンガは、長身188cm、体重90kgから200km

軽く超える高速サーブを持ち、右のストロークは強力な選手です。


しかし、この日の錦織は、1stサーブの入りが60%で、ツォンガの56%

上回り、又、レシーブポイントは、43%と、ツォンガの30%を大きく超え

ていました。


試合開始から、ツォンガ得意の右へのラリーを避け、バックに集中してチャンス

を待ち、ダウザラインを取り、バックに深いショットを打ちネットに出て決める

など、攻めるコースも動きも計算されたものでした。


更に、前回のウイニングショットでのミスもなく、確実なウイニングショット

を決め、強豪ツォンガにリズムに1つのブレークも与えない、危なげのない

素晴らしい攻めのテニスを展開し、試合終了でのセットカウントは、6-4,6-2,

6-4のストレート勝ちでした。


これで、昨年からの2年連続の8強入りとなり、今年も準々決勝に進出しましたが、

次の対戦は決勝戦に匹敵する、王者ジョコビッチに決まりました。






posted by 七五郎 at 15:29| 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

新星大坂なおみ18歳 全豪女王ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に挑む

大坂なおみ18歳はグランドスラム全豪オープンに初参加で、日本選手でただ一人、その予選

から今回の3回戦まで快進撃の6戦を戦い続けてきて、遂に全豪で2度女王に輝いた第14シードの

ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に挑みました。


試合はアザレンカのサービスで開始され、大阪はその第1Gをいきなりブレークの

サプライズとなりましたが、流石にアザレンカは直後の第2Gをブレークします。


その後は、元世界ランク1位の壁は厚くアザレンカは、大坂に自分のゲームを

させてくれませんでした。


アザレンカは、前哨戦のブリスベンを制し、今大会もここまでの2試合で失った

ゲームはわずか3と絶好調で、立ち上がりは硬さが見られましたが、大阪の甘さ

を突き自分のリズムで攻めの試合を展開して、巧みな左右の鋭い配球とダウンザ

ラインを決めて、危なげのない1616の圧倒した試合でした。


大阪の強差は、190kmの高速サーブと、そのストロークの強さ、フットワークに

ありますが、今回の試合は、そのいずれもが欠けるもので、サーブの速度も遅く、

ラリーの返球も中央に集まる甘いもので、アザレンカのストロークの餌食になっ

ていました。


この試合は、終始、アザレンカに先行される守りの試合となり、まざまざと、

アザレンカの熟練した、試合運びの巧さ、正確さ、強さ、を浴びていました。


大阪は最初から体の切れも動きも鈍いことあり、大阪の強みが、アザレンカに

完全に封鎖されたものでした。


試合後の大阪は、「一番大きなコートで試合をしたい」という願いはかなったが、

内容も最高とはいかなかった。2回戦で腹筋を痛めた影響が残り、サーブを全力で打つことができ

なかった。

序盤から「もう少し楽しむべきだった」。記者に語り、コートでもほとんど表情を

変えない大坂ですが、流石に落胆は隠せませんでした。


そして、「こういう負け方で、逆によかったのかも。多くを学べたし、いい経験

なった」と語り、この経験を自己の反省として今後の糧にしたいと話しています。


関係者は、この大会では予選から1試合ごとにうまくなった。伸びしろの大き

さは予想がつかない。女子ツアーの台風の目になる、と予感させるものだ。と語っています。


「ナオミ旋風」は来るか期待されます。




続きを読む
posted by 七五郎 at 11:18| 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

U-23日本 強敵イラン撃破でベスト4へ

22日行われた、リオ五輪最終予選U-23アジア選手権の準々決勝の日本対イラン戦は、

共に五輪への出場を賭けた、緊張感の在る厳しい戦いでした。


日本に対するイランのチェックは速く、又敵陣営では、3~4人と厳しく、多くがボールを

奪われる展開で、そこからの前線への反撃も早く、日本はその防御で、ゴールの上部ポール

に救われる幸運も2度あるなど、危ない場面も何度かありましたが、よく凌ぎ、失点を免れ

ました。


しかし日本は、イラン陣営に阻まれ、ゴールを脅かすことができず、イラン優勢の攻防で

推移して、遂に前、後半が0-0のまま、延長戦に入ります。


延長戦に入りますと、イランの体制が攻撃を意識した縦長となり、守備に隙間が生じます。


延長前半6分、ドリブルで右サイドから攻め込んだDF室屋が、後半43分途中出場のMF豊川

雄太に、ゴール前左のDF裏の突っ込みに合わせたクロスボールをアシストし、豊川は見事

これをヘッドで合わせてゴール左に差し込み、遂に先制点を取りました。


そして、同後半の4分に、今度はMF中島翔哉がペナルティーエリアの左外からのスーパー

シュートで右ネットを揺らし、続く5分ゴール左前からのドリブルシュートをゴール右端に

けり込み、連続2点得点を上げ、計3点とします。


イランも反撃に出ますが、日本は集中して守り幸運も呼び込んでこの試合に勝ち、準決勝に

勝ち上がりました。


次の1戦に勝てば、悲願のリオ行きが決まります。



posted by 七五郎 at 19:12| サッカー日本代表男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

錦織圭3回戦ガルシアロペス(スペイン)に勝つ

錦織圭、テニス全豪オープンの3回戦の相手は、ガルシアロペス(16)に決まりました。


ガルシアロペスは過去トップ10にも張っている選手で、この対戦は過去2勝ですが、

前試合と同様、ランク下位の選手と言っても、そのランクは参考程度で、その一戦が勝負と

なります。


1S(セット)が開始され序盤は互いに、サービスゲームをキープした好試合でしたが、

錦織は第7Gを落とし先行されます。


錦織はラリー戦に優位となるゲームが多い中で、ロペスもラリー戦を得意としますので

互いに長い互角の打ち合いとなり、サービスが入らない錦織は、先手を取れず苦戦します。


しかし、第10Gをブレークバックして、ロペスのサーブの精度が落ちた第11Gのセット

ゲームを制して、7-5で勝ちました。46分にも及ぶ死闘でした。


2Sは、錦織のサーブで開始され、第1Gは錦織のアドバンテージとなりますが、

1STサーブが不調で、ウイニングショットのミスも重なり、ロペスに追い上げられて、

1Gをブレークされ、更に、その後第5Gもブレークされて、このSを、2-6で落と

します。


3Sは、後半からサーブが決まり始め、又リターンも良くなり、第7Gをブレークして、

そのまま、6-3で勝ち、SC(セットカウント)2-1と先行しました。


勝負の第4Sは、1STサーブの精度が回復し、ストロークミスも少なくなり、ロペスとの

打ち合いも先行し、ネットも取れて、3Gをブレークして、そのまま、6-4で勝ち、この

3回戦に勝利しました。


錦織のこの試合の1STサーブの確率は、第1S 55%、第2S 66%、第3S 40%、第4S 84%


実に、2時間11分の攻防でした。




posted by 七五郎 at 16:19| 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

錦織圭全豪オープン男子シングル2回戦

錦織圭(7)全豪オープンメルボルン大会2回戦は、アメリカのオースティン・クライチェク

(103)と対戦します。


過去の対戦成績は、昨年の準々決勝で対戦し、タフな試合を2-1で辛勝しています。


錦織が前試合で見せた好調さを維持するなら、下位のクライチェク()に負けるはずがない

試合で、209:00試合が開始されました。


1セットは、錦織のサービスゲームで開始され、錦織は、このセットのファーストサーブ

(FS)入りが良く、サーブからのフリーポイントの組み立てと、早くも第2Gをブレークして、

危なげなく僅か25分のセットカウント(SC) 6-3で先勝します。


2セットに入り、1Sの流れで、幸先良く早くも第1Gをブレークして、このまま押し切る

かと思われましたが、その後、80%台のFSの確率が極端に低下し、又、ミスショット(ms)

連発するなど崩れ始め、肝心な第9Gでブレークされて6-6となり、その後の互いのサービス

ゲームをキープし、遂に第12Gの、7P先取のタイブレークに入ります。


ここでは、錦織が2P`リードの5-3としますが、クライチェクのFSが連続で決まり、6-6

並ばれ、錦織のFSとクライチェクのショットミスで、辛うじて7-6で第2Sを取り、苦しみ

ながらもSC 2-0の連取となりました。


3Sに入りますと、小雨が止み、コートを覆っていた屋根が開かれ、日差しが差し込み、

2S沈み気味の錦織には気分転換となったように思われました。


その第2Gでクライチェクのサーブゲームで、FSとストロークが乱れ、その隙を突き、錦織の

ネットとリターンが厳しく決まり、この第2G をブレークします。


このSの錦織のサービスの精度が戻り、互いにサービスゲームを譲らずの展開で、錦織の

サービスゲームとなる、勝負の第9Gを迎えますが、見事FS3本を決めて6-3でこのSを〆

ました。


ので、この試合結果は、1123-0のストレート勝ちとなり、準々決勝へ進出しました。




posted by 七五郎 at 14:02| 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。